翻訳の仕事について知っておこう

発音が難しい中国語の特徴

日本人には中国語を喋ることがとても難しいと言われていますが、それには理由があります。
中国語の発音表記法(漢字の読み方をアルファベット表記したもの)は「ピンイン」というものがあります。四つの音で中国語は作られていますが、その四声(声調)に普段日本語を話す日本人は慣れていないのです。中国語うまく話すには舌を丸める「そり舌音」や息を強く吹き出す音「有気音」をうまくできなければ、相手になかなか通じないのです。
日本語の中に似た発音があれば、中国語を取得するのは簡単ですが、中国語はこれらをスムーズに出すことができない限り、中国語取得するのは難しいと言います。
中国語は言葉を覚えるのはもちろん肝心なことですが、発音練習をするのもかなり必要なことでしょう。

最初は日本人の先生から学ぶべき

中国語をマスターするにはどのような勉強方法をするのが一番でしょうか。
中国語教室で学ぶ場合、初めての方は特に日本人の講師に習うのが中国語は一番かもしれません。
中国語を覚えるために必要なこととして、一つ一つの単語を覚える必要があります。
もちろん発音をマスターするにはトレーニングなどが必要ですが、第一に単語が一つも分からないと意味がありません。
発音をマスターするには中国人の方に教えて頂くのが一番なのですが、最初の段階では単語を覚えることが必須なので、日本人の先生から正しい単語を教えてもらう必要があります。
最初は日本人の先生から正しい単語教えてもらい、その後に中国人の先生から正しい発音を学ぶのが一番ベストだと言えます。


みんなにシェア

B!