中国をもっと身近に、長い歴史と現在の中国

中国語を勉強するなら中国を知る事から

皆さんは中国にどのような印象をお持ちですか?
中国(中華人民共和国)はとても歴史の深い国だと言えます。
義務教育の歴史の授業でも必ず有名な方として何人も出てくるのが中国です。
歴史の勉強する上で中国は欠かせないと言われています。
中国は皆さんも知っているように世界で一番人口が多い国といわれているのですが、中国の中にもたくさんの民族がいて、様々な文化を持った人たちが同じ国に住んでいるといっても良いでしょう。
私たちが普段話している日本語も中国にでも影響されている部分があるのは確かです。
過去の歴史の上で様々なことがあり中国人の中では日本人のことをよく思っていない方も少なくありません。
しかし歴史上の問題は除いても日本にとって、中国は欠かせない国と言えるでしょう。

これからの日本に中国語が必要なのか

日本には多くの中国人が仕事のために住んでいます。
中国は人口も多いためか貧富の差がとてもあり、貧しい家庭にとっては日本は出稼ぎの場所としてはとても良い条件の揃った国と言えます。
中国で仕事をするのでより、日本で働く方が同じ仕事だとしても圧倒的に日本の方がお金になります。
様々な民族がいる中国では、子供がある程度大きくなると親のために働くという人たちがとても多く見られます。
特に長男の立場にある人は家族のために日本へ出稼ぎに来るのです。
仕事場に中国の人が来て、中国語が喋れる人が一人でもいたら仕事は円滑に進むこと間違いないでしょう。
英語も確かに必要な言語だと言えますが、中国語ももしかすると仕事によっては必要なのかもしれません。


みんなにシェア

B!